トップ 中古住宅購入WEBについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

中古住宅購入WEB中古住宅の不動産価値 > 中古住宅の設備

中古住宅の設備

中古住宅の設備の画像

新築住宅は、購入しやすい価格にするため土地や建物の面積が狭くなっているのが現状です。中古住宅のほうは、土地面積が広く立地も良い場合が多いです。同じ立地、同じ土地の広さでも、中古住宅のほうが安くなっているのです。中古住宅は、交通の便が良かったり、住環境が良かったり、商業施設が近くにあったりと住みやすい場合が多くなっています。そして、価格も新築より安いことが多いです。

そして、新築住宅のほとんどは建物が完成する前に購入することになります。その点、中古住宅はすでに建っている物件ですから、物件自体じっくり見ることができ、住環境もよくチェックすることができます。物件を購入するときは、実際に何度もその場に行き色々確認しましょう。
中古住宅は、基本的にはそのままの引き渡しになるようです。中古住宅はやはり年数が経っているので、どこかしら物件自体、設備や機器に問題が生じてきている場合があります。また、使用していた人の使い方次第で、設備や機器の寿命の年数も変わってきています。ですから、購入する前は、必ずその設備や機器を良く見て、出来れば使用してみて、状態を確認するようにするべきです。
購入後すぐに壊れていたなどのトラブルや予定外の出費を避けるためにも、忘れずに使用してみましょう。

引き渡しのときは、壊れていなくてもしばらく住んでいて壊れた場合、またはまだ壊れていなくても、壊れるのは時間の問題という場合も、試験動作していればわかり、またそれに備えての修繕費用も用意しておけるでしょう。すでに、設備や機器が故障していたり傷が付いている場合は、売主が修理して引き渡すことになっているようです。もし、リフォームすることを考えているのでしたら、自分の計画通りのリフォームができるかどうか、建物の構造の確認もしておきましょう。

自分の考えているライフスタイルはどのようなものなのかを、きちんと描いておきましょう。中古住宅、新築住宅ともに、利点、不利点とあります。ライフスタイルがきちんと描けていれば、どちらの住宅のほうが自分に合っているのか分かってくるのではないでしょうか。

中古住宅購入WEBのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 中古住宅購入のポイント

新築でも中古でも住宅を購入するとき、融資を受けることが多いと思います。中古住宅の場合は、この融資が大きなポイントになります。住宅の築年数、性能、耐久性によって、公的な融資の住宅金融公庫では、融資が受けられないことがあります。民間の融資のほうが、少しは住宅金融公庫よりも厳しくないようです。しかし、中古住宅の住宅ローンは、新築住宅の住宅ローンよりも条件が厳しくなることが多いそうです。たとえば、融資額や返済期間が短くなったりと制限がいろいろあります。 新築の建売住宅や、建築条件付

中古住宅購入WEBについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。