トップ 中古住宅購入WEBについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

中古住宅購入WEB > 中古住宅の購入

中古住宅の購入

中古住宅購入時の注意点

中古住宅を購入するとき、注意することがあります。まず、何故その物件は売りに出たのか、ということを確認したほうがいいでしょう。その物件の持ち主が転勤などで売り出したのでしたら、物件自体や他の理由ではないので心配はないでしょう。しかし、近所などの居住環境や、駅が遠かったり交通の便が不便などの理由、商業施設、学校、病院が近くにないなど、転勤以外の理由のときは、いろいろ問題が起こることがあるので、きちんと確認したほうがいいでしょう。 他の注意点としては、中古住宅の中には建築基準法や

中古住宅の購入の記事

中古住宅の購入のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

中古住宅購入時の注意点

中古住宅購入時の注意点

中古住宅を購入するとき、注意することがあります。まず、何故その物件は売りに出たのか、ということを確認したほうがいいでしょう。その物件の持ち・・・


中古住宅購入の知識

中古住宅購入の知識

事例比較法という物件の価格を設定する方法があります。売り出されている物件の周囲の物件の取引の事例を収集して、比較し、標準相場を決めます。 ・・・


中古住宅の査定

中古住宅の査定

現在住んでいる家を売るときは、不動産業者を呼び、建物の価格がどのぐらいのつくのかを査定してもらいます。不動産業者に査定してもらった価格を見・・・


中古住宅を購入する

中古住宅を購入する

中古住宅を見ていて、気に入った物件がありましたら、建物の外観をよく見るようにしましょう。また、まだ売主が住んでいるようでしたら、中を見せて・・・


中古住宅の売買

中古住宅の売買

中古や新築物件を探す際は、標準の相場を知ることが大切です。相場を知っていれば、この物件は相場よりも高い・安い、または、良い・悪いがわかるよ・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 中古住宅購入の知識

事例比較法という物件の価格を設定する方法があります。売り出されている物件の周囲の物件の取引の事例を収集して、比較し、標準相場を決めます。 そして、決められた標準相場をもとに、中古物件の価格が決定されます。この事例比較法で出された標準相場は何か大きな原因がない限り、あまり変動しないそうです。また、新築住宅よりも中古住宅は、どこかしら修繕しなくてはいけない箇所があり、築年数も経っているので新築住宅よりは、お手頃な価格に下がるのです。 新築住宅で住宅を購入しても、築1年経てば、価

中古住宅購入WEBについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。