トップ 中古住宅購入WEBについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

中古住宅購入WEB中古住宅の購入 > 中古住宅の売買

中古住宅の売買

中古住宅の売買の画像

中古や新築物件を探す際は、標準の相場を知ることが大切です。相場を知っていれば、この物件は相場よりも高い・安い、または、良い・悪いがわかるようになるからです。物件によっては、価格の査定より高い価格で売り出している物件もあります。ですから、標準相場よりも高いから良い物件である。とは、一概に言えないのです。
このような場合があるので、いろいろな物件を見て価格が相場通りなのかを、見極める必要があります。また、逆に売主が急いで売りたいという場合、標準相場よりも安い価格を表示していることもあります。このような物件はお得なので、お勧めできる物件になります。

中古住宅の価格は、標準相場をもとにして、加減点法で計算されます。標準相場は、いろいろな他の売買を参考に決めます。そして、標準相場を100点として、いろいろな要因をみてプラスしたり、マイナスしたりして、点数を決め、価格を算出します。
プラスやマイナスになる要因として、住環境、交通の利便性、住宅の設備の状態、住宅自体の劣化の状態などがあり、これをみて価格を算出していきます。プラスの要因が多ければ、価格は高くなり、マイナスの要因が多ければ、やはり価格は下がります。

新築物件は、入居してからすぐに修繕することは、ほとんどないでしょう。しかし、やはり何年か住んでいますと修繕は必要になってくるのです。何年したらどの辺の修繕が必要になってくるのか、調べていくらくらいの修繕費が必要になってくるのか把握しておく必要があります。マンションの場合、鉄筋作りですので、すぐに劣化して修繕が必要になることは少ないです。
しかし、少しづつ壁や水回り、共用部のは痛んできます。マンションの場合は、修繕積立金を毎月積み立てていますので、何年かごとにこれを利用して修繕をするのです。中古住宅の場合は、すでに修繕がしてあるのか、これから修繕が必要なのかを確認しましょう。まだ、修繕がされていない場合、どのくらいの修繕費がかかるか調べておく必要があります。

新築住宅、中古住宅、マンションともに、やはり何年かすると修繕をしなくてはいけないようです。新築、中古、マンションのどれが修繕費がかからなくてお得というかは、一概には言えないようです。

中古住宅購入WEBのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 中古住宅の査定

現在住んでいる家を売るときは、不動産業者を呼び、建物の価格がどのぐらいのつくのかを査定してもらいます。不動産業者に査定してもらった価格を見て、売却価格が決まります。しかし、この査定は、建物の表面のみをみて査定を行います。ですから、構造がどういう状態なのか、骨組はしっかりしているのか、建物の耐久性はしっかりしているのか、など、内面はの大切なところは調べないことが多いです。 同じような物件でも、価格が大きく違うことがあります。なぜ価格が違ったりするのか、いくつか理由があります。

中古住宅購入WEBについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。