トップ 中古住宅購入WEBについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

中古住宅購入WEB > 中古住宅の不動産価値

中古住宅の不動産価値

中古住宅の価格判断

住宅の販売価格は、年数が経てば経つほど価格が下がってくるようです。ですから、年数が25年~30年近くなると、建物自体の価値はほとんどなくなるので、土地のみの価格になり、逆に新築になると価格は高くなるということになります。購入価格は、中古のほうがお得になっているようです。 新築のほうが、取りつけられている設備や品質は最新になっているので、生活はしやすくなっています。しかし、中古住宅でも、築年数が経っていない物件でしたら、設備もそろっているので築年数があまり経っていないほうがお

中古住宅の不動産価値の記事

中古住宅の不動産価値のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

中古住宅の価格判断

中古住宅の価格判断

住宅の販売価格は、年数が経てば経つほど価格が下がってくるようです。ですから、年数が25年~30年近くなると、建物自体の価値はほとんどなくな・・・


中古住宅の購入検討時のコツ

中古住宅の購入検討時のコツ

中古住宅の購入を検討する際は、いろいろな注意点やチェックポイントがあります。 まず、大きなチェックポイントは、建物自体の構造がどうなってい・・・


中古住宅のリフォームの基本

中古住宅のリフォームの基本

リフォームを行う場合、どこをどのように修繕するのか、またライフスタイルに合わせてリフォームする場合は、どのようにしたいのか、など頭の中にで・・・


中古住宅の状態

中古住宅の状態

新築住宅を購入したときは、住宅の品質確保促進法で決められた10年間保証がついていますが、中古住宅で購入する際は、この保証の対象外になってい・・・


中古住宅の設備

中古住宅の設備

新築住宅は、購入しやすい価格にするため土地や建物の面積が狭くなっているのが現状です。中古住宅のほうは、土地面積が広く立地も良い場合が多いで・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 中古住宅の物件選び

新築住宅や新築マンションは、全く誰も住んだことがない物件なので、住んでみて不具合がみつかったり、使ってみて不便さを感じたりします。しかし、中古住宅や中古マンションは、一度は誰かが住んでいるので、中古住宅などをよく確認すれば不具合などがわかりやすいでしょう。たとえば、ドアの開閉が悪い場合は、建てつけが悪いか、床が水平になっていないか、建物自体が傾いている可能性があります。 リフォームする前の中古住宅でしたら、壁や天井にしみやひび割れがないかをチェックすることができます。リフォ

中古住宅購入WEBについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。