トップ 中古住宅購入WEBについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

中古住宅購入WEB中古住宅購入のコツ > 中古住宅の築年数

中古住宅の築年数

中古住宅の築年数の画像

中古住宅を購入する際に、日当たりをよくみるようにしましょう。日当たりが良ければ、冬は日差しが部屋の中まで入ってくるので、暖房費が節約することができます。また、湿気もこもりにくいので湿度の高い梅雨時期は、思った以上に快適に過ごせるようです。
日当たりのよい物件を探すポイントとして、南側に道路がある住宅を探すといいでしょう。道路があれば隣接して住宅が建つことはありませんので、日差しを確保することができるのです。住宅の基礎や湿気による建物の傷みをみることは、もちろん大切ですが、日当たりも生活していく上で、とても重要なポイントなのです。

リフォームを考えるものの一つに、屋根もあります。屋根は、雨風にさらされて思った以上に劣化していることが多いです。特にコロニアル瓦の場合、張り替えが必要になってくることが多いのです。また普通の瓦屋根も築年数が経っていると、取り換えをしなければいけなくなってきます。リフォームは、外観、内装などが一般的だと思われがちですが、屋根のリフォームも必要なのです。

中古住宅を探しているうちに、築年数、間取り、周辺環境など似たような条件の物件がいくつも出てくるでしょう。これらの物件をよく見ているうちに、大体どのぐらいの価格なのかが分かってくるのではないでしょうか。そして、価格の相場がつかめてくると思います。中古住宅を探す際、住宅情報誌やインターネットで探すことが多いのではないでしょうか。インターネットなどで検索していくと、不動産会社によって、どこの地域が強いとか、どのような物件をたくさん持っているなどの、不動産情報の傾向が見えてくるでしょう。気をつけたいことは、とても条件の良い物件は、お客さんを呼び込むだけのもので、実際にもう売れてしまっていたりすることが多いので、注意しましょう。

新築や、中古のどちらにしても、住宅を購入することは、とても大変なことで一生に一度あるかないかだと思います。このような大事な買い物なのに、物件を実際に見て比較や検討をするのは数件だと言われています。住宅購入に関しては何も知らないし、初めての大きな買い物なのにかかわらず、数件しか見ないで購入するのはかなり危険なことではないでしょうか。また、実際に物件を見に行く時、不動産会社の営業マンと見にいくと思いますが、営業マンは物件の悪いところなどは、わざわざ言うことはないでしょう。ですから、自分の目を養い、購入後に後悔しないように、よく検討する必要があるのです。

中古住宅購入WEBのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 中古住宅購入時の注意点

中古住宅を購入するとき、注意することがあります。まず、何故その物件は売りに出たのか、ということを確認したほうがいいでしょう。その物件の持ち主が転勤などで売り出したのでしたら、物件自体や他の理由ではないので心配はないでしょう。しかし、近所などの居住環境や、駅が遠かったり交通の便が不便などの理由、商業施設、学校、病院が近くにないなど、転勤以外の理由のときは、いろいろ問題が起こることがあるので、きちんと確認したほうがいいでしょう。 他の注意点としては、中古住宅の中には建築基準法や

中古住宅購入WEBについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。