トップ 中古住宅購入WEBについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

中古住宅購入WEB中古住宅の不動産価値 > 中古住宅の状態

中古住宅の状態

中古住宅の状態の画像

新築住宅を購入したときは、住宅の品質確保促進法で決められた10年間保証がついていますが、中古住宅で購入する際は、この保証の対象外になっています。ですから、購入後に住宅のどこかしらが壊れたり、不具合が起こった場合、購入からどのくらいの期間の保証をしてくれるのか、どこまでならば保証してくれるのか、アフターサービスをしっかり確認しておきましょう。

また、中古住宅の場合、「既存住宅保証制度」が住宅保証機構により定められていて、この審査を通過すればある期間は保証を受けることができます。仲介業者によっては、専門家が建物自体を調査して、ある一定の基準を合格していれば数年間保証がつくというサービスを行っているところもあるようです。
中古住宅を購入する際、リフォームをする人が多いようです。リフォームは大体2種類の意図がありされます。一つ目は、何か不具合があり修繕したり、汚れがひどいので改装したりするリフォーム、もう一つは購入した人の生活に合わせたリフォームです。このようにリフォームをする場合、費用が思った以上にかかりますので、それも念頭に置いて資金を調達しましょう。融資の条件は、新築よりも中古住宅を購入するときのほうが、厳しい場合が多いですので、その辺も念頭に置いておきましょう。

中古住宅を購入する際は、床下の基礎をよく確認しましょう。室内の床下収納庫をはずしたり、押入れに点検口があったりしますので、それらを利用して床下の基礎を確認できます。基礎工事にはいろいろな方法があります。布基礎という基礎が打たれているもの、ベタ基礎、単独基礎とあるようです。
布基礎は、家の周り全部と主要な壁に対して基礎が打ってあるもので、大体の住宅はこれで問題ないようです。また、ベタ基礎は地面に直接基礎が打ってあるので、強度は強いです。単独基礎では、地盤が強ければ問題ないようですが、少しでも弱いところでは使用しない方がいい基礎になっています。

床下換気もきちんとできるようになっているのかの確認も必要です。基本的には5メートルごとに1か所の換気口が必要で、300平方センチ以上の換気口があれば、空気の流れも良く、土台の耐久性にも問題がないようです。床下換気口は、1か所では空気が流れませんので、2か所以上ないと換気ができないようです。

中古住宅購入WEBのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 中古住宅の相場

中古住宅を購入する際、最初に入る物件情報は、不動産会社からの情報です。この情報は、物件の間取り図や物件の概要など、ほんの少しの情報しかありません。物件の情報から、その物件が色々な項目にどのぐらい満たしているのか点数などをつけて評価されます。決められた基準により、評価にされて相場が決められています。このように、中古住宅には基準となる相場があり、その基準にのっとって価格がきちんと決められています。この基準がわかれば、欲しい物件が相場より安いのか、高いのかがわかるでしょう。 マン

中古住宅購入WEBについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。