トップ 中古住宅購入WEBについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

中古住宅購入WEB中古住宅購入のコツ > 中古住宅の環境

中古住宅の環境

中古住宅の環境の画像

一度誰かが住んだことがある物件を、中古住宅といいます。また、全く住んでいなくても築年数が少し経ってしまった住宅も中古住宅という場合もあります。車でいう新古車みたいなものです。また、分譲マンションでも一度住んだことがある物件は中古物件、中古マンションといわれるようです。
中古住宅を購入する際は、必ず色々な物件を数多く見ることが大切です。たくさんの物件を見ることによって、中古住宅の価格の相場がわかってきます。そして自分自身の目も養われてくるので、購入する際、失敗しにくくなります。中古住宅を決める際、住宅の内装ばかり気になり、周辺環境やその他のこともしっかり確認しておくことが大切です。

これから長い間住む家ですから、少しでも納得のいく住宅を購入できるようにしましょう。不動産会社の営業マンは、「今決めないと他の人が購入してしまいますよ。」とすぐに決断を迫ります。営業マンは、一軒でも住宅を販売したいのですから、住宅のいい面しかはっきり言わず、悪い面は言っても少しだけで、最悪の場合は全く言わないこともあります。決断を迫られても、すぐに決めずに、しっかり検討しましょう。案外、似たような中古物件はどんどんでてくるものなのです。

中古住宅を購入する際は、出来ればリフォーム前の物件がお勧めです。リフォーム前は案外汚れていてそのままでは住むことが厳しい状態のものが多いようです。ですから、リフォームして販売していたりするのですが、たとえば壁紙のみを貼り替えていて、設備はそのまま古い型のものがつけられていたりして、結局リフォームし直さなければいけないと、いった状況もあり得るのです。

中古住宅は基本的に、建物と土地がセットになって販売されています。中古住宅の販売に関してのトラブルで多いものが、権利に関するものです。購入した中古物件が抵当権が付いていたり、中古物件の所有者と売主が違ったり、もともとは住宅地以外の用途で使われていた、などの問題が多くなっています。
このような権利に関する問題はなかなかすぐには解決することが難しく、大変な労力がかかります。トラブルの内容は、建物自体の不具合や周辺環境などの問題が多くありそうですが、意外にも権利のことが大変な問題になるとのことです。購入後にわかることが多いので、購入前に権利に関して確認しておく必要がありそうです。

中古住宅購入WEBのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 中古住宅と税金

住宅を購入するときには、いろいろな税金がかかります。印紙税、不動産取得税、登録免許税、仲介手数料、固定資産税、消費税、贈与税などが、中古住宅を購入する際にかかる税金です。 印紙税は、1000万以上5000万以下の住宅を購入するときの売買契約や、住宅ローン契約の際に必ず必要になってきます。 築年数に反比例して高くなるのが、不動産取得税です。これは、新築住宅、中古住宅どちらでもかかる税金なのですが、新築住宅のほうが軽減措置がとられるので安く、年数がたつほど高くなる税金です。 登

中古住宅購入WEBについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。