トップ 中古住宅購入WEBについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

中古住宅購入WEB中古住宅を選ぶ > 中古住宅とは

中古住宅とは

中古住宅とはの画像

中古住宅を探すとき、意外に物件の情報が少なかったり、あっても詳しく書かれていなかったりするようです。中古住宅や中古マンションの物件情報の中でも、良い不動産情報はすべての地域に情報があるとは限らないようです。また、不動産情報の入手経路が少なく、情報がしっかりしていない場合も多いです。

中古住宅を購入するとき、必ず自分の目でしっかりと物件を確認する必要があります。不動産会社に任せっきりでは、中古住宅の場合、特に後悔することが多いからです。
中古住宅は、築年数がたっているので、やはり新築に比べ、色々なところの不具合が生じている場合があります。購入する前に不具合がわかればいいのですが、住んでみて不具合が出てきたとか、見えない基礎の部分に不具合があったなどと、いったケースが多くあります。このように、一見わからない不具合は、専門家でないとわからないところでしょう。しかし、専門家ではなくとも物件をチェックする方法があります。中古住宅で築年数がたっているからこそ、一般の人の目でも確認できる不具合があります。チェックするポイントをおさえ、自分の目で入念にチェックしてみましょう。

まず、基礎部分や地盤に不具合がある場合、壁にひび割れやシミ、ちょっとした隙間、段差などがあります。中古住宅を購入する際、住宅が建てられる前の土地はどのような状態だったのかを知っておく必要があります。家の中の場合では、結露や雨漏り、水漏れなどがある可能性がある場合、壁紙や天井にシミなどがあったりします。よくあるケースなのでよく確認しておきましょう。かなりの築年数がたっている住宅の場合、部屋、ベランダ、など増築した場合があります。そのような場合、増築したところのつなぎ目に不具合が生じやすいので、必要以上に確認しておきましょう。

中古住宅や中古マンションは、金額が大きい割には、選び方や手続きが非常に難しいです。住んでみて初めてわかることが多いからです。選ぶ際は、面倒でも慎重に細かく確認して、購入しましょう。

中古住宅購入WEBのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 中古住宅と税金

住宅を購入するときには、いろいろな税金がかかります。印紙税、不動産取得税、登録免許税、仲介手数料、固定資産税、消費税、贈与税などが、中古住宅を購入する際にかかる税金です。 印紙税は、1000万以上5000万以下の住宅を購入するときの売買契約や、住宅ローン契約の際に必ず必要になってきます。 築年数に反比例して高くなるのが、不動産取得税です。これは、新築住宅、中古住宅どちらでもかかる税金なのですが、新築住宅のほうが軽減措置がとられるので安く、年数がたつほど高くなる税金です。 登

中古住宅購入WEBについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。