トップ 中古住宅購入WEBについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

中古住宅購入WEB中古住宅購入のコツ > 中古住宅購入のポイント

中古住宅購入のポイント

中古住宅購入のポイントの画像

新築でも中古でも住宅を購入するとき、融資を受けることが多いと思います。中古住宅の場合は、この融資が大きなポイントになります。住宅の築年数、性能、耐久性によって、公的な融資の住宅金融公庫では、融資が受けられないことがあります。民間の融資のほうが、少しは住宅金融公庫よりも厳しくないようです。しかし、中古住宅の住宅ローンは、新築住宅の住宅ローンよりも条件が厳しくなることが多いそうです。たとえば、融資額や返済期間が短くなったりと制限がいろいろあります。

新築の建売住宅や、建築条件付きの住宅を購入するよりも、中古住宅を購入するほうが、いろいろな面でお得なことがあります。新築住宅を購入するよりも、購入金額が安かったり、住むまでの色々な手続きが楽だったり、住むまでの期間が短期間だったりします。しかし、いくら新築住宅を購入するよりは安い価格で購入できるといっても、購入金額は大きいものです。購入した住宅に耐震性や耐久性、その他の欠陥があり、リフォームなどに高額の修繕費がかかってしまうようでは困ります。のんびり判断していては、気になっている物件が売れてしまうこともありますが、慎重によく考えて購入するようにしましょう。

一戸建てとマンションでは、多く中古物件をもっている業者が異なります。一戸建ては、中小不動産などが多くもっており、マンションではデベロッパー系の業者が多く持っていることが多いです。一戸建て住宅の購入を考えている場合、どこの業者から購入するかよく検討するといいでしょう。いい物件ほど業者が隠してもっていて、公表しないうちに販売されてしまうことが多いので、業者と仲良く出来ればこのような良い物件を紹介してくれるかもしれません。もし、信頼できそうな業者でしたら、どのような住宅が欲しいのか、予算はどのぐらいなのか、素直に言っていみるといいでしょう。

客といっても、人間同士の付き合いですから、傲慢でしたり、何でもお任せでしたり、希望がコロコロ変わるようでは、業者の対応も変わってくるでしょう。業者と客の付き合いですが、よい信頼関係が築ければよい物件に出会い、良い情報を得ることができるので、上手に関係を築くようにしましょう。

中古住宅購入WEBのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 中古住宅のリフォームの基本

リフォームを行う場合、どこをどのように修繕するのか、またライフスタイルに合わせてリフォームする場合は、どのようにしたいのか、など頭の中にでもきちんと考えておくといいでしょう。リフォームといっても、いろいろなリフォームがあるます。浴室やトイレを新しくしたり、階段に手すりをつける、最近の新築住宅では結構当たり前になっていますが、ちょっとした段差をなくすバリアフリーの部屋にするなども、リフォームになります。どうしてリフォームしたいのか、などの目的をしっかり決めておきましょう。 あ

中古住宅購入WEBについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。